乃木涼介 official website

希望の党
メニュー

VOLUNTEER 乃木涼介とともに『やさしい日本づくり』をするボランティアを募集

トップページ > 乃木涼介ボランティア募集

乃木涼介とともに『優しい日本づくり』に参加しませんか乃木涼介とともに『優しい日本づくり』に参加しませんか

「男は強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない」

これはアメリカの小説家、レイモンド・チャンドラーが著したハードボイルド小説の中に出てくる言葉です。聞いたことがあるかも、と思った方もいらっしゃるかもしれません。日本では高倉健さんが主演した映画『野生の証明』の宣伝コピーとして使われたりもしました。
「男は」という言葉に、今の時代にはそぐわないイメージを抱いたりもしますが、わたしはこれを「政治は」と置き換えて考えてみるのです。
私たち国民の安全と安心を守るためには、政治は強くなければなりません。
しかし、私たち国民の明るく心豊かな未来をつくりあげていくためには、政治は優しくなければなりません。

政治における「強さ」とは何なのか、「やさしさ」とは何なのかを常に問い続け、求め続けていく。その先に「本当の政治」というものがあると、乃木涼介は考えています。わたしも、ですからまだ学びと模索の歩みのただ中にいるひとりです。政治が備えなければならない強さとは何だろうか、政治が心しなければならないやさしさとはどういうものだろうか。その答えを求める道を、乃木涼介と一緒に歩んでみませんか。
共に学び、共に汗し、あるときには共に涙し、共に喜び合う仲間、またあるときには青臭い議論を熱く戦わせる仲間を、乃木涼介は求めています。
今、この国に不足しているのは「やさしい日本」の作り手です。その作り手となるべく、乃木涼介と一緒に「本当の政治」というものを追い求めていきましょう。

では実際には
どんなことをするの?

  • 乃木涼介の駅での朝の
    ご挨拶のアシスタント

  • 乃木涼介の政策を説明した
    小冊子の配布

  • ポスター貼り


  • ハガキなどの
    郵便物の準備

  • 演説会の準備

たとえば。。。

「駅立ち」という活動があります。
朝の駅前に乃木涼介が立ち、いろいろと自分の思いを訴えます。
「そんな光景、見たことあるなー」という人も多いと思いますが、この朝の駅立ちを乃木涼介と一緒にしたりします。「おはようございま~す」なんて言いながら、乃木涼介が考えていることをしたためたビラを手渡します。「え~、知らない人に挨拶するなんて恥ずかしいな」と思ってしまいますが、これやってみるとなかなか気持ちがいいんです。
「おはようございます」とお声をかけると、「おはようございます」と返してくれる人がいる。
「いってらっしゃいませ」というお声がけに、「行ってきます」と返してくれる人もいたりする。知らない者同士が朝の挨拶の、それもわずかなひと言でつながった瞬間です。嬉しかったりします。気持ちがぽっとあたたかくなって、「人っていいなあ」って思ったりします。

そんな人々と触れ合いながら 優しい日本作りに参加してみませんか。

ボランティアへの参加ご希望の方はメールで問い合わせください。

お問い合わせ